« 「小羊うるちゃん物語」part 2-2 教会に通い始める | Main | 「小羊うるちゃん物語」part 3-1 心の癒し »

Tuesday, May 12, 2020

「小羊うるちゃん物語」part 2-3 教会選び

  【前回までの登場人物】 うるちゃん : 主人公
              へいわくん : 夫
              なごみちゃん: 長女
              サイエン君 : 長男
              はづきさん : 友人
              N師    : はづきさんを導いた女性

「小羊うるちゃん物語」閲覧にあたっての注意事項

--------------------

 次の日は、いつもの通り、早天・日曜学校・礼拝へ行きました。うるちゃんは、祈りでみこころが伝わってきた昨夜の経験がうれしかったので、H教会のH牧師に、「日本語で異言が出てくることがありますか?」と尋ねてみました。返ってきた答えは「日本語で出るわけがない。」という一言でした。

 礼拝後の午後は、婦人会での伝道の日ということで、近所の家庭へのトラクト配付がありました。2人組になって近所を1件1件訪ね、ドアを開けてくださった方がいたなら、その人にトラクトを渡し、「あなたの罪のためにイエス・キリストは十字架にかかって死んでくださったのです」と言いなさいと言われていて、うるちゃんにはあらかじめ一緒にまわると決められていた人がいました。が、この日は、なぜかH牧師夫人と一緒に行くことになりました。

 うるちゃんはH牧師夫人と一緒に歩きながら話をしていて、もやもやと感じていた思いが事実であることを知ってしまいました。「あまり、傲慢にならないように。(H牧師夫人に何がそう映ったのかは不明でした)」、「田舎から急に車の多い所に来て、交通事故にあうのは不思議なことではないのだから、あまり変な風にとらないように。」、「花粉症が癒されたり、病気が治ったりするのは、世の中にも普通にあることなのだから、あまり騒がないように」と、注意を受けたのです。うるちゃんは、なぜこの教会へ来ているのかをわかってもらおうと、信仰告白(「小羊うるちゃん物語」part1の内容)を2,3日前に渡していただけでした。H牧師夫妻からは何の反応もなかったので読んでもらったのかもわからずにいたものでした。うるちゃんは、主が与えてくださった証しゆえの高慢に陥らないように、自分の心にできる限りの注意を払っていたつもりでいました。それが、理解して欲しかった信仰の先輩たちから、救いの原因となった交通事故までも否定され、もともと、人前で自分の意見を言うのが苦手だったうるちゃんは、証しをするのもいやになってきたのでした。そういった気持ちから解放されたのは、A教会での交わりでした。A牧師夫人の人柄を思い返し、主が導いてくださった教会は、A教会だったのだと痛感したのです。

 H教会につまずきを覚えた次の日、はづきさんから北海道のN師の伝言を告げられたのです。「占いによるものを感じる。何か占いに凝ってはいなかったか。」と。
うるちゃんは、占い等に凝ったことはなかったのですが、そう言われたなら、クリスチャンではない日本人の女性なら、だれでも多少思い当たる(星占いなど)ものに関わったことがあったことを思い出しました。占いとは意識してはいなかったのだが、自分では決められないようなささいな問題の時、こうなったらこっちへ、こうならなかったらそっちへ、ということもしていました。すぐに悔い改めて、祈り、聖書を開きました。目に飛び込んできたところは、ローマ1章10節・12節だった。「いつも祈りのたびごとに、神のみこころによって、何とかして、今度はついに道が開かれて、あなたがたのところに行けるようにと願っています。」、「というよりも、あなたがたの間にいて、あなたがたと私との互いの信仰によって、ともに励ましを受けたいのです。」このみことばが心に飛び込んできたのです。教会は励まし合って、信仰を高めていく所であるという確信が与えられた瞬間でした。ここでの経験が占いの罪によるものであったかどうかはともかく、必要な訓練のための学びであったことは確かだとうるちゃんは捉えました。

 こうしてうるちゃんはA教会へ行くことにしました。H教会へは直接、お世話になった挨拶をしたのですが、そのタイミングも備えられていたように、すべてが順調に(互いにわだかまりを残さずに)問題なく進んで行ったのです。

 次の日曜日は、すっきりした気持ちで、A教会へ行くことができました。その日はA教会のA牧師がアルゼンチンから戻って始めての礼拝でした。うるちゃんがH教会へ行っていた3週間は、ちょうどA牧師がアルゼンチンへ行っていた間の出来事だったことを知り、神の御手を感じました。H教会を訪ねる前までは、「A教会まで通うのは遠いなあ…」と、気が進まなかったので、良い学びをしたと思いました。教会はどこにでも行けばいいというものではなく、主が導いてくださるのだと、この時、うるちゃんは思ったのです。

--------------------

【参考】CVSAブログ「伝道について」

  【うるちゃんと教会】
  ☆ うるちゃんが電話をかけた「昔からの流れのキリスト教会」(part 1-3)
  ☆ はづきさん所属のA教会(part 1-3)
  ☆ 歩いて1、2分のところにあった近所のH教会(part 2-1)



|

« 「小羊うるちゃん物語」part 2-2 教会に通い始める | Main | 「小羊うるちゃん物語」part 3-1 心の癒し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「小羊うるちゃん物語」part 2-2 教会に通い始める | Main | 「小羊うるちゃん物語」part 3-1 心の癒し »