« ごすぺる | Main | 午後の礼拝 »

Saturday, February 11, 2006

聖書

seisyo聖書は、時代を通じて国際的なベストセラーです。
訳も文語訳、口語訳、新改訳、新共同訳といろいろありますが、翻訳の仕方が異なるだけで、どれも基本的に同じです。
ただし、異端と呼ばれる団体が独自で訳したものは、違った思想で解釈されているので、似ていても言っていることは、全く異なります。
キリストが来られる前の旧約と後の新約があり、旧約の多くはヘブル語、新約はギリシャ語で書かれています。
どの訳がいいと言えるものでもなく(原語が一番いいですが、普通の人には読めません)、いろいろ比較して読むのもおもしろいです。

|

« ごすぺる | Main | 午後の礼拝 »