« もしも私がマリヤだったら♪ | Main | ピアノ »

Monday, December 19, 2005

12月はパン教室

burio今日は、今年最後のIさんちのパン教室でした。
メニューは、ブリオッシュとシュトーレンとラム・ウィンナーティー。
ブリオッシュの頭が落ちたり、シュトーレンの形が平たくなったりしたけれど、それは愛嬌ということで…。
帰宅して食べてみると、シュトーレンの味が深かったです。
中に入れるものによって、味がいろいろ変わってくるんだろうなぁ…。
入っているのは、Iさん手作りのミンスミート(ミックスフルーツの洋酒漬け)。プルーン、レーズン、アプリコット、いちじく、クランベリー、パパイヤ、パイナップル、チェリーなどのドライフルーツでできているそう。
シュトーレンはドイツのクリスマスのパンで、意味は赤ちゃんの“おしめ”だそうです。
そういえば、おしめのように成型したっけ…(-"-)

クリスマスの主役イエス・キリストは、ベツレヘム(“パンの家”の意味)で生まれ、私たちのいのちのパンとなってくださったのです。

※ 写真は、帰宅して撮影したもので、表面の粉砂糖はもっと粉雪のようにかかっていました。

|

« もしも私がマリヤだったら♪ | Main | ピアノ »