Thursday, July 01, 2021

「小羊うるちゃんの冒険」part 2 拠点をみつけた !?

  小さい白い小羊の前に、「どなたでも歓迎します」という看板を掲げている教会が現れました。小さい白い小羊は、しばらくそこに滞在することにしました。
そこには知らずに加害者と協力している長老羊と雄羊たちがいたので、小さい白い小羊は、長老羊に言いました。「一致した働きを望んでいます。誤解を解きたく手紙を書いてきました。和解に向けた話し合いに立ち会って下さい。」
長老羊は言いました。「大げさになるから、したくない。手紙は僕が預かるから、出したと思いなさい。」
雄羊たちは声を揃えて言いました。「僕たちには全く関係ない事だ。赦して忘れる事だね。」
小さい白い小羊は、すべてをご存知の大牧者に委ねてその場を去りました。

 

 旅の先々で「許せるように祈ってあげよう」と追い回す雌羊たちを交わしつつ、小さい白い小羊は、問題の根の深さに思いをはせました。
小さい白い小羊は、羊を救うためには命を差し出すほどに羊を愛する大牧者を知っていました。汚れの中でもがき苦しんでいた時、救いだしてくださった大牧者を。小さい白い小羊は、自分を救ってくださった大牧者のみこころを行ないたい、お役に立ちたいと願っていましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。Image
小さい白い小羊に対する大牧者の愛は広く、長く、高く、深いものでした。経験を積み実情を知り、困難に負けない力を育むよう、大牧者は小さい白い小羊を旅に向かわせたのでしたが、小さい白い小羊は、そうとは知らず、時にかなってやってくる助けに大牧者の姿を思いつつ、大牧者を慕いつつ旅を続けていたのです。

 

 小さい白い小羊のところに、「ここを拠点にしてもいいよ。」と言ってくれる牧者が現われました。喜んだ小羊は、訪れた後に失望しないようにと旅することになったいきさつと信条を書いた手紙を牧者に送りました。
手紙を受け取った牧者は、牧羊たちに説教しました。「昨日、こんな厚さの封書が届きました。前に南の島から同じような厚さの封書が届いた時は、『何だろう?』と思って開けたら、50シップ(羊の国で1シップは日本円で約1万円)の献金だったので、今回もと思ったら手紙でした…。読むのも大変なので、送るのはお金にするように。」
小さい白い小羊は、その牧者は大きな牧場を任されているので、いろいろ学べると思いました。また、小さい白い小羊は居場所を持たないということで他の羊たちからの非難に悩まされることがあったので、その煩わしさからも解放されると思いました。そうして、小さい白い小羊は、その牧場を拠点にすることにしたのです。

 

--------------------



| | Comments (0)

Thursday, June 24, 2021

「小羊うるちゃんの冒険」part 1 小さい白い小羊は言ってみた

  小羊うるちゃんは、主による冒険の旅にでかけました。

--------------------

  小さい白い小羊は、みんなに向かって言いました。Uruuru
「(信仰における)居場所がありません、助けて下さい。」
雄羊Aは言いました。
「いくらでもあるではないか、許すべきだよ」
雌羊Aは言いました。
「裁くな。許しなさい。」
雄山羊Aも雌山羊Aも声をそろえて言いました。
「許しなさい。」
小さい白い小羊は、失望の涙を流しながらその場を去りました。

 

 小さい白い小羊は、みんなに向かって言いました。
「(信仰における)居場所がありません、助けて下さい。」
雄羊Bは言いました。
「無人島で孤独を感じていても、そのうち、船が通りかかるよ、船が来るまでそうしていなさい」
小さい白い小羊は、湧き出た疑問から、尋ねました。「その立派そうな船には乗せてもらえないのですか?」
雄羊Bは言いました。
「私は忙しく、今、有名な預言者を訪ねて異国に行く準備をしようとしているんだよ。」
小さい白い小羊は、あきらめの涙を流しながらその場を去りました。

 

 小さい白い小羊は、みんなに向かって言いました。
「(信仰における)居場所がありません、助けて下さい。」
雌羊Cは言いました。
Uruuru「自分から積極的に仲良くしようと努力しなければ、居場所なんてできないわよ。甘えてるわね。」
小さい白い小羊は、みじめさを振り切りながら、主を見上げつつその場を去りました。

 

 小さい白い小羊は、自活に向けて必要をそろえる旅に出ることにしました。   つづく…

 

--------------------



| | Comments (0)

Tuesday, March 16, 2021

「小羊うるちゃん物語Ⅳ」part 3 突き刺された傷 ― 救いのために ―

  【前回の登場人物】
    うるちゃん  : 主人公
    へいわくん  : 夫
    サイエンくん : 長男
    マーサさん  : B教会で知り合い友人になったクリスチャン
    W宣教師   : W教会を開拓した宣教師
    Sさん(母娘): Tカウンセリングスクールに来ていた家の教会の伝道師
    Y先生    : K教会の主任牧師
    Kさん    : Tカウンセリングスクールに来ていた求道中の女性
    Tさん    : Tカウンセリングスクールに来ていたクリスチャン
    F牧師    : F教会の女性牧師

「小羊うるちゃん物語」閲覧にあたっての注意事項

--------------------

  K教会につながり、そして5ヶ月・・・
  ※ 2000年5月13日(日)の落ち穂の会の礼拝で話したメッセージの内容です。

『突き刺された傷 ― 救いのために ―』ゼカリヤ書 12章(新改訳聖書使用)

回想

Ansoku 木曜日の朝、母教会であるA教会で受けた心の傷の処理について思いを巡らせていたときのことです。三年半前、B教会に(教会ですが)駆け込み寺のごとく飛び込んだ初めての家庭集会の日、口の中で聖霊によって祈り、「キリストにはかえられません」の賛美を目を閉じて歌っていた時、血が出ている大きな傷を追った一匹の羊がイエス様のもとによろよろと寄って行く場面が現れました。その時の私は、飼われていた牧者によって大きな傷を受けた無力な若い羊でした。この三年半の間、いろいろな取り扱いがあり、学びもたくさんありましたが、最もつらく苦しい時に与えられたこの「イエス様のもとに来た傷を負った羊」の幻が、どんな時も私を支えてくれました。

 今、思いもかけなかった場が与えられ、一筋の道が開かれたと一息つくことができました。去年のクリスマス礼拝で、K教会へ行った二回目のことでしたが、Y先生に祈っていただいた時、聖霊様に、「この牧者は、あなたの傷を包み、あなたの牧師不信は癒されていく。」という印象をいただきました。そのような語りかけを受けても、私の待ちくたびれた心は、さめていました。とはいっても、主に導かれてきた道なので、どこかで期待もしていました。

 思い起こして見るならば、駆け込み寺のごとく飛び込んだB教会のB主任牧師の長男のB1牧師のメッセージによって、聖書の恵みが開かれ、心に受けた傷は癒されていきました。私にとっては、受けたことがない深く大きい傷だったため、完治するのに一年半かかりました。その後、治って痛みを感じないはずの傷のリハビリの期間、主の励ましと荒療治があったからこそ、なんとかここまで進んでこられました。

 心の拠り所にしていた教会でのショックからか忘れることができなかった三年半前の1996年12月19日(木)、母教会であるA教会での出来事があったあの時、A牧師と私と幼稚園児だった息子の三人だけしかいない、誰も見ていなかったあの時、あの部屋で、主はどこにいてくださったのか、信仰によって信じていたに過ぎない、ぼんやりとしかわからなかった主のおられた位置を、一年くらい前でしょうか、主は、私に明かしてくださったことがありました。獅子(ライオン)が、我が子を強くするために崖から突き落とすように、イエス様は心が弱かった私を強めるために、ご自身の愛によって見守っていてくださったことを知ったのでした。ライオンは、そのような育てられ方をして、百獣の王となっていくのだとも教えてくだいました。またひとつ、主の愛を知った思いがした出来事でした。

 九ヶ月前くらい、コミニュニティハウスのような聖書的なキリストの愛に基づいたクリスチャンの集う場所、心から主を求め、行き場を失った羊のための礼拝の場、そのようなビジョンをいただいて、B教会を出されてから続いていた1998年11月よりの家での礼拝を開放しました。主は、「落ち穂を拾え。」とイザヤに語られたみことばをもってささえてくださいました。「あなたへのしるしは次のとおりである。ことしは、落ち穂から生えたものを食べ、二年目も、またそれから生えたものを食べ、三年目は、種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる。ユダの家ののがれて残った者は下に根を張り、上に実を結ぶ。エルサレムから、残りの者が出て来、シオンの山から、のがれた者が出て来るからである。万軍の主の熱心がこれをする。」(Ⅱ列王記 19:29-31) 同時にマーサさんの方にも語ってくださったようでした。

 このような話をすると、決まり文句であるかのようにある種のクリスチャンは言うのです。「赦しなさい。」と。赦すとか、赦さないとか、そのような次元で、私は人に語ってはいないのですが、聞く耳を持ってはくれないのです。そのように語る人は、この数年間、私がどのような取り扱いを受けて、どのような気持ちで、ここまで通ってきたのかを知らないはずなのですが、話そうとすると判で押したように言うのです。「赦しなさい。」「祈ってあげます。」と。たとえ、私がその人たちが思っているような赦せない心を持っていたとしたなら、私が欲しいのは、そのような厳しい言葉一つではないと思います。その言葉は、「赦せないあなたも悪いのよ。」と責めているからです。

 その人たちは、昨今の事件のように無残に殺された被害者の残された家族に向かっても、「赦しなさいよ。」と言えるのでしょうか。何の心のケアもせずに、そんなことを言うことがその人をどんなに苦しめることなのか、考えなくても、幼い子供にでもわかることでしょう。いやむしろ、幼い子供のほうがわかるのかもしれません。

 最愛の夫を亡くし、心が病んでいる年老いた主にある女性に、「元気を出して、がんばりなさい。信仰を働かせなさい。」と忠告したとして、よけいに落ち込まないでしょうか。よけい病むのではないでしょうか。その言葉によって、自殺に追い込むかもしれないような言葉であることを知ってほしいのです。

 そのような弱さの中にいる人にとって必要なのは、そばにいて、共に歩むことではないでしょうか。「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。」(ローマ 12:15)のみことばのようにです。そうして初めて、許さないといけない心がその人の心に存在していれば、その人が正しくみことばを聞いた時に主ご自身が取り扱ってくださるのです。

 実際に私が、三年半の間、失望せずに歩めたのは、イエス様はもちろんなのですが、多くの離れて行った人がいた中に、わずかでありましたが、へいわくんやマーサさんを含むそのような兄弟姉妹たちがいてくれたからでした。家で礼拝することになった時に与えられていた一つである、「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」(ヘブル 13:5)というみことばを信じて、ただその言葉に頼ってここまで来られたのです。実際には、行くことができる、受け入れてくださる教会がない現状は、周囲にもあざけられ、見捨てられたように見られても仕方のないものでした。

 

ビジョン

 初めの話に戻りますが、木曜日の朝のこと、心の傷の処理について、祈りに思いを寄せていた時、傷跡についての語りかけをいただきました。その時見た幻では、私の傷は、跡が残るほどの大きな傷でした。イエス様のお受けになられた十字架の傷とは、比較にならないのですが、祈りの中での幻の中、十字架の傷跡と私の傷跡を重ねてくださったのです。イエス様を、ユダヤ人たちは、「除け。除け。十字架につけろ。」と言って、除いてしまいました。そのように、イエス様もひどい拒絶にあわれたのだと。そのように、イエス様もひどい拒絶にあわれたのだと。いつもそのように自分を励まして来たのですが、その時は、はっきりとそのことを教えてくださったのでした。まさに、「キリストの打たれた打ち傷によって、いやされた」(Ⅰペテロ 2:24参照)体験でした。同時に、イエス様は、トマスに証しとしてその傷跡を見せられたこと、見せることが必要だったこと、傷跡を隠したりなくしたりするのではなく、それを見せて、証ししていくことが、多くのたましいの救いにつながるのだということを語ってくださったのでした。実を結べなくなっている一人のクリスチャンを助けることで、失われている多くの実を結ぶようになるということも…。

 私のような落ち穂を出さないために、教会を指導しておられる立場の先生方に知ってほしいことがあります。時が来るまで告げる機会もないだろうと思いますが、自分の気持ちを整理する上で、この場を借りてこの機会にまとめてみることにしました。教会を指導しておられる立場の先生方にとっては、数多くいるうちの一人の羊であるかもしれません。どこかで、元気に信仰を送るだろうと納得して平安を得ているのかもしれません。しかし、知ってほしいのです。たとえ元気に信仰生活を送っていたとしても、心に受けた傷はいつも深く眠っているのだということを。

 私がかつて所属したB教会のB主任牧師は、戦時中の迫害下に、主にある兄弟に先代が告発されたことで、数十年たった今も傷を抱えていました(本人は認められないかもしれませんが、語られていた言葉からは許していない思いが伝わってきていました)。そして、その傷を子供たちにも伝えていました。Tカウンセリングスクールで出会ったカトリックのおばあさんは、隠れキリシタンの末裔だと言っていましたが、当時からの理解されない傷を代々受け継いで抱えておられました。まして、幼い羊にとって、神の民である教会を指導しておられる立場の先生方から受けた傷は、癒されがたいものであるということを知ってほしいのです。教会を指導しておられる立場の先生方を通しイエス様を知り、頼りにしている何の聖書知識も権威も持っていない幼い羊にとって、拠り所としていた教会で味わった拒絶は、いきなり谷底に突き落とされたように感じるということを。

 イエス様は、みもとに来た人を、決して切り捨てたりはなさいませんでした。あのイスカリオテ・ユダであっても、最後の最後まで共にいて、見限ることをなさらなかったのです。失敗したペテロを、イエス様が、切り捨ててしまっていたなら、ペンテコステ以降の大収穫(リバイバル)は違ったものとなっていたはずです。私に限るならば、「あの人たちから手を引き、放っておきなさい。もし、その計画や行動が人から出たものならば、自滅してしまうでしょう。しかし、もし神から出たものならば、あなたがたには彼らを滅ぼすことはできないでしょう。もしかすれば、あなたがたは神に敵対する者になってしまいます。」(使徒 5:38,39)という態度を取っていてくださっていたなら、かつていたどこの教会においても平和に過ごせたことと思います。永遠のつながり、天において、喜びを共に受ける信仰における育ての父と信じ、三年間、単純に聖書を信じ、心を砕いて祈ってきた指導者に、突然激しい拒絶にあった者の気持ちは、一言では語り尽くせないのです。他のことならばともかく、離れたり忘れたり捨てたりできない神の世界の中で受けた傷は、真剣であればあるほど、癒されたとしても、忘れることはできないのです。一つ一つが、信仰の歩みとなっているのですから。ただ、それを益にしてくださる神がいるということだけを信じて歩むことになります。人からの拒絶にまさる神の恵みの中にとどまり続けるだけです。

 

落ち穂

 これまでに、いろいろなところを通り、教会の内外を問わず、落ち穂の多いことに驚きを覚えています。その皆が同じような境遇であるわけではありませんが、私と同じような境遇の人もいました。中には、腐って悪臭を放ち、臭くなってしまっているかのように見える人(傷によって毒舌を吐いて、信念をもってみことばから離れる人々)もいました。きちんとケア(キリストにある愛による対応)をしていれば、輝いて、イエス様のかぐわしい香りを放っていたかもしれない実が、です。私自身、B1牧師からの教え、Tカウンセリングスクールでの知恵ある学び、Y先生という柔和で広い器による助けがなかったなら、腐って落ちてしまったかもしれません。このような現実を伝えるために話したとしても理解してくださる方は多くはいないことを経験上、よく知っています。教会から落とされた穂「落ち穂」に出会ったある牧師先生は、次々にそのような方に出会っても、その事実を受け止めようとはなさいませんでした。目の前に何人いても、信じたくないようでした。自分にも心当たりがあることだったのか、ある方を自殺にまでも追い込んでいたという経験も通っておられたからでした(きちんと悔い改めるべきところを悔い改めて進んでいるならば、失敗を通ったとしても証となっていることです)。そのような「落ち穂」に出会うにつれ、心を固くしていかれました。人一倍頑張っているという自負がある指導者にとっては、知りたくもない事柄のようでした。一生懸命に、イエス様のために心身を粉にして、献身して来られている教会を指導しておられる立場の先生方にとっては、心外に思われることだと思いますが、決して少なくない教会で起こっている現実です。傷から言っていることではありません。知り合いのクリスチャンの中にもいるのです。昨年通っていたTカウンセリングスクールでは、珍しくないくらい頻繁に出会った問題でした。昨年、C教会で訪問伝道をした中にも、結構いました。教会に尋ねてくる人の中にもいます…。これを放置すると、数年後には、教会にはキリストが見えなくなってしまうことになるでしょう。

 同じ日(心の傷の処理について思いを巡らせていた木曜日の朝)に、主は、ゼカリヤ書のあるみことばを開いてくださいました。

 

ゼカリヤ書の背景

 ここで、ゼカリヤ書が書かれた背景を述べておきます。

 ゼカリヤは、バビロン捕囚からの帰還の民が、神殿の再建中、度重なる異邦人たちの妨害に苦労していた時期に、神殿再建に当たっていたゼルバベルと大祭司ヨシュアを励ますために送られた預言者です。ゼカリヤ書は、二部に大別でき、14章あるうち、1章から8章までが神殿の再建中に臨んだメッセージ、あとの9章から14章までが神殿完成後のメッセージです。メシアについての預言も多く、豊かな啓示が含まれている書物です。特に、第二部ではメシヤの初臨、再臨についてだけではなく、未来の終末的な出来事に関しての啓示として与えられたことが記されています。

 70年ものバビロン捕囚を経験したユダの民は、困難で苦労の多かった神殿再建の工事が完成するや、気が緩みはじめました。神殿は完成したのですが、国家の回復は起こりそうにもありませんでした。大きな試練を脱出したそのような時は、油断もさることながら、次第に全能の神から目が離れ、世俗的な事柄に目が奪われるものです。

 エゼキエル34章には、自分を肥やしている牧者としいたげの中にある羊の姿が描かれていました。そのような宗教的堕落が、イスラエル国家を離散させる結果に追い込んだのでした。そのような時代でしたが、ゼカリヤ書の第二部で、ゼカリヤは将来への希望と救いを語っているのです。宗教的堕落と残りの民への救いについてです。イエスの受難を語ると同時に終末における患難時のことをも語っていると思えてなりません。パウロは、「主の日は、背教の後、起こる。」と述べている。「まず背教が起こり、不法の人、すなわち滅びの子が現われなければ、主の日は来ないからです。」(Ⅱテサロニケ 2:3)そして、ペテロは、「さばきが神の家から始まる」(Ⅰペテロ 4:17)と言っています。これを我が身に起きないように回避するには、一人一人のクリスチャンがキリストの律法(神への愛と人への愛)に立つ決意をし、自分を吟味して、兄弟愛をもって仕え合うことが大切なのです。

 

エルサレムの救い

 木曜日の朝、ゼカリヤ 12:1-14を読んだ時、主が語られることに、私がどんなときにも不動に固く立つなら、大丈夫だよと主が励ましてくださったような心地がしたのです。私が励まされたように、キリストにある者にとっては、同じ励ましを受ける個所ではないかと思います。

 ここに、主の民への神の徹底的な守りが描かれています。要約すると、「神がエルサレムを守っておられるので、これを攻撃しようとする敵のほうがかえって混乱に陥り、ついには自分たちの上に滅亡を招くことになる」ということです。

 ここで、エルサレムは三つのもので表わされています。「よろめかす杯」(12:2)「重い石」(12:3)「たきぎの中にある火鉢、麦束の中にある燃えているたいまつ」(12:6)

① エルサレムはそれを取り囲むすべてのものに対して「よろめかす杯」となる。「よろめかす」とは神の怒りとさばきを表わし、ぶどう酒を飲むようにたやすく敵はエルサレムの血を流そうとするかもしれないが、実はそれは彼らにとって毒杯になると言う。

② エルサレムは、これを奪い去ろうとするすべてのものに対しては「重い石」となる。人生において一度、徹底的に神によって砕かれた経験のある者を、神は誰も動かすことのできない「重い石」としてくださる。そして、それを自分のもとに奪おうとする者は、逆に傷を受けてしまう。

③ ユダの指導者たちはその周囲に対して「たきぎの中にある火鉢」「麦畑の中にある燃えているたいまつ」のようになる。「彼らは右も左も、回りのすべての国々の民を焼き尽くす。しかし、エルサレムは、エルサレムのもとの所にそのまま残る。」(12:6)

 この前章では、次のようなことばがあります。数ヶ月前に読んだ個所です。「私は一月のうちに三人の牧者を消し去った。私の心は、彼らにがまんできなくなり、彼らの心も、私をいやがった。私は言った。『私はもう、あなたがたを飼わない。死にたい者は死ね。隠されたい者は隠されよ。残りの者は、互いに相手の肉を食べるがよい。』」(11:8、9)

 12章10節以降を見てみましょう。「わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く。その日、エルサレムでの嘆きは、メギドの平地のハダデ・リモンのための嘆きのように大きいであろう。この地はあの氏族もこの氏族もひとり嘆く。ダビデの家の氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。ナタンの家の氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。レビの家の氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。シムイの氏族はひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。残りのすべての氏族はあの氏族もこの氏族もひとり嘆き、その妻たちもひとり嘆く。」(12:10-14)ここに書かれているように、ひとりひとりが、罪への嘆きをもって、同輩のためにとりなし、主の恵みを受けとってほしいと思います。この個所によると、それぞれのところから嘆きをもって、受けとめることができるのは、多くはいないようです。しかし、ひとり、またひとりと出てくることを言っているように聞こえたのです。

 この後の13章では、「剣よ。目をさましてわたしの牧者を攻め、わたしの仲間の者を攻めよ。・・万軍の主の御告げ。・・牧者を打ち殺せ。そうすれば、羊は散って行き、わたしは、この手を子どもたちに向ける。全地はこうなる。・・主の御告げ。・・その三分の二は断たれ、死に絶え、三分の一がそこに残る。わたしは、その三分の一を火の中に入れ、銀を練るように彼らを練り、金をためすように彼らをためす。彼らはわたしの名を呼び、わたしは彼らに答える。わたしは『これはわたしの民。』と言い、彼らは『主は私の神。』と言う。」(13:7-9)となっています。これは、イエス様の受難のことですが、黙示的な要素を含んでおり、何重もの内容が語られていることだと思います。三分の二が滅びることのないために。

 私の教会放浪は、完全数の三つでぜひとも終わりにして欲しいです。願わくば、私の教会放浪記は、これで完結することを祈ります。ここまでは、三つだったけれど、完全数の七つの教会が待っている、ということにならないように主にお願い申し上げます。

 

 

 

落ち穂の会

 

 

| | Comments (0)

Thursday, March 04, 2021

「小羊うるちゃん物語Ⅳ」part 2 開かれた道

  【前回の登場人物】
    うるちゃん  : 主人公
    へいわくん  : 夫
    サイエンくん : 長男
    W宣教師   : W教会を開拓した宣教師
    Sさん(母娘): Tカウンセリングスクールに来ていた家の教会の伝道師
    Y先生    : K教会の主任牧師
    Kさん    : Tカウンセリングスクールに来ていた求道中の女性

「小羊うるちゃん物語」閲覧にあたっての注意事項

--------------------

  あまりにもあっけない展開だったので、今までが今までだったこともあり、だんだんと心配になってきました。本当に、3ヶ月先のサイエンくんの洗礼は実現するのか、またどこかで、できないと言い出されるのではないかと。

 2回目にK教会に足を運んだのは、12月19日(日)のクリスマス礼拝でした。夫が出張で、クリスマス礼拝だというのに、マーサさんと2人の礼拝になることから、行ってみることにしたのでした。奇しくも、A教会で傷を受けた3年後の同じ日(12月19日)でした。ある姉妹の胸に、数週間前のTカウセリングスクールで、話題になっていた手作りのクリスマスツリー型ブローチがあるのに気付きました。うるちゃんも作ろうと思ったのですが、思ったより材料が高価だったので、やめたものでした。「素敵なブローチですね。」と話しかけてみました。その姉妹は、うれしそうに、「あなたにあげる。」と言って、名前を聞いても告げられずに去って行かれたのでした。3年前と同じ日の12月19日に受けたこの行為は、どのような言葉よりもうるちゃんを慰めてくれました。最後の祈りの招きの中、祈りの中うるちゃんの頭に置かれたY牧師の手が暖かく感じられ、「この牧者は、あなたの傷を包み、あなたの牧師不信は癒されていく。」という思いが押し寄せてきたのでした。

 うるちゃんの心配を知っているかのように、うるちゃんの心を揺さぶるような出来事が起きたのです。年が明け、週に一度はTカウセリングスクールで会っていたSさんが、うるちゃんを待っていました。「あなたに、謝ることがある。暮れに、あるつてから、重大なことがわかって・・・。・・・。K教会はやめなさい。本当に申し訳ないことをした。」と(・・・は、性的な非常に下劣な内容だったため省くことにします)。それから、Tカウセリングスクールに行く度に、「祈らないでくれという手紙は出したか?」「きっぱりと、断ち切ったか?」「テープも断ったか?」という執拗なまでの確認と説得が始まったのです。しぶるうるちゃんに、彼女たち(Sさんは、母娘で来ていた)の説得は、激しさを増し加えて行きました。イエス様からではないと思いましたが、戦う気力は、うるちゃんにはありませんでした。Tカウセリングスクールへはカウンセリングの訓練に行っているのに、行けば、暗い重い気持ちになるのでした。さまざまな拒絶にあってきたうるちゃんに、開かれているたった一つの希望の道を自ら閉ざす理由はなく、ただ、すべてをご支配しておられる神に祈るだけでした。C教会の時のように、みこころではない道なら閉ざしてくださることを信じていました。

 Tカウンセリングスクールで出会ったTさんも、自分の教会(F教会)へ来るよう勧めてくださいました。とてもありがたかったし、一度会って話したF牧師は、苦しみの中にいるうるちゃんを励ましてもくださったのだが、断ることにしました。通える場所ではなかったことや、神が祈りによって開いてくださった道がK教会であると信じていたからでした。後で送られたテープ一式の教えに違和感を感じたためでもありました(F教会は一般的な日本のキリスト教の教団でしたが、とある韓国異端の教えをしていて、現在は改革がなされています)。とにかく、洗礼の日を待ちました。待つ数ヶ月、1ヶ月に一度でしたが、K教会に行き、Y先生にふれる度に、Sさんの言ったことが全くの偽りであることもわかってきました。Sさんの言うとおりであったなら、出てくることのない品性がY先生にはあったからでした。

 初めての祈祷会に出かけた時、行きのバスにたまに見かける若い男性が乗っていました。いつも意味のない言葉を大きな声でぶつぶつ言って歩いている男性でした。うるちゃんの後ろに座ったその男性がいきなりうるちゃんの頭をたたいてきたのです(今まで、一度もそのようなことはなかったですし、見たこともありませんでした)。振り向いてみると、目をそらしてぶつぶつ言っていました。顔を見たまま(目をそらされてはいましたが)、声には出さずに祈ってみました。急にその男性は黙ってしまいました。バスを降りたら、呼びとめて、トラクトでもわたせないかな、と思っていたら、バス停に着くやいなや、一目散に走り去ってしまい、あわてたように、無理やり、電車に乗って行ってしまったのでした。

 なぜ、うるちゃんが、一歩踏み出そうとすると、いつも何かあるのか、主に文句を言いたいくらいでした。しかし、主は、いつも勝利を与えてくださっていました。Sさんは、自らの終末の地震についての預言のFAXをキリスト教会や団体あちこちに送りつけ、Tカウンセリングスクールにもいづらくなり、やめていかれました。彼女たちのおかげで、K教会につながったので、このように終わるのは、とても残念でした。

 Y先生は、何も聞かずに(詮索せずに)、ありのままのうるちゃんたちを受け入れてくださいました。そして、ボアズが覆いを広げ、ルツを買い取り、贖ったように、うるちゃんたちの群れの覆いとなってくださったのでした。

 「モアブの女ルツはナオミに言った。『どうぞ、畑に行かせてください。うるちゃんに親切にしてくださる方のあとについて落ち穂を拾い集めたいのです。』すると、ナオミは彼女に、『娘よ。行っておいで。』と言った。」 (ルツ 2:2)

 その後、落ち穂を集めようとするルツにボアズが言った言葉はこうである。このボアズの言葉は、うるちゃんに言われているような言葉のようにうるちゃんには聞こえたのでした。

 「娘さん。よく聞きなさい。ほかの畑に落ち穂を拾いに行ったり、ここから出て行ったりしてはいけません。うるちゃんのところの若い女たちのそばを離れないで、ここにいなさい。刈り取っている畑を見つけて、あとについて行きなさい。うるちゃんは若者たちに、あなたのじゃまをしてはならないと、きつく命じておきました。のどが渇いたら、水がめのところへ行って、若者たちの汲んだのを飲みなさい。」(ルツ 2:8、9)

 「あなたの夫がなくなってから、あなたがしゅうとめにしたこと、それにあなたの父母や生まれた国を離れて、これまで知らなかった民のところに来たことについて、うるちゃんはすっかり話を聞いています。主があなたのしたことに報いてくださるように。また、あなたがその翼の下に避け所を求めて来たイスラエルの神、主から、豊かな報いがあるように。」(ルツ 2:11、12)

 「あの女には束の間でも穂を拾い集めさせなさい。あの女に恥ずかしい思いをさせてはならない。それだけでなく、あの女のために、束からわざと穂を抜き落としておいて、拾い集めさせなさい。あの女をしかってはいけない。」(ルツ 2:15、16)

 「ナオミは嫁のルツに言った。『娘よ。あの方のところの若い女たちといっしょに出かけるのは、けっこうなことです。ほかの畑でいじめられなくても済みます。』 それで、彼女はボアズのところの若い女たちのそばを離れないで、大麦の刈り入れと小麦の刈り入れの終わるまで、落ち穂を拾い集めた。」(ルツ 2:22、23)

 その時、うるちゃんの心に、そっとささやく声がしたように思えたのです。 「娘よ。行っておいで。」と。

---

 K教会への在籍を祈り、考える過程で、ルツ記の他に、「王を立てようとするのか。」という自分への問いかけもありましたが、マルチン・ルターの宗教改革以来、分裂分派を繰り返していることがつまずきの原因にもなっているケースに出会い、自分自身が新たな分派となったり、独自の思想にかたよったりすることがないように、どこかのきちんとした教団の中で、活動をしたいと思いました。支配する王ではなく、同じ志を持つ同胞の王ならばよいのだという賭けのような選択でしたが、他に道が開かれていないことと、主の導きを信じて、進むことにしたのです。

 「・・・あなたが、『回りのすべての国々と同じく、私も自分の上に王を立てたい。』と言うなら、あなたの神、主の選ぶ者を、必ず、あなたの上に王として立てなければならない。あなたの同胞の中から、あなたの上に王を立てなければならない。同胞でない外国の人を、あなたの上に立てることはできない。」(申命記 17:14-15)

 K教会のY牧師との交わりの中で、C教会のC牧師が栃木の巡回伝道に行った先で一致したと言っていたMT牧師(「小羊うるちゃん物語Ⅲ」part 1-4 教会って何? 参照)とY牧師は知り合いであり、Y牧師がMT牧師側の問題を処理した経緯を偶然聞き、神の正しさとうるちゃんへの配慮をまたまた知ることができたのでした。

 

--------------------

  【うるちゃんと教会】
  ★ 誘われたが違和感を感じたF教会(Ⅳpart 2)
  ☆ うるちゃんが電話をかけた「昔からの流れのキリスト教会」(part 1-3)
  ☆ はづきさん所属のA教会(part 1-3)
  ☆ 歩いて1、2分のところにあった近所のH教会(part 2-1)
  ☆ へいわくんの実家近くのA教団のW教会(part 5-4)
  ☆ 行き場をなくしたうるちゃんが飛び込んだB教会(part 5-5)
  ☆ 世界一大きいと聞いていた韓国のY教会(part 5-番外編)
  ☆ 早天祈祷のため行ったJ教会(Ⅱpart 1-5)
  ☆ カウンセラーの聖会に行った日本基督教団H教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ 韓国人牧師が開拓していたC教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ Y教会関係のTカウンセリングスクール(Ⅲpart 1-1)
  ☆ 紹介でつながったA教団のK教会(Ⅳpart 1)
  ☆うるちゃんの実家の地域のA教団のMA教会(Ⅳpart 1)
  ☆ へいわくんの実家近くのA教団の宣教師宅のMI教会(Ⅳpart 1)



| | Comments (0)

Tuesday, March 02, 2021

「小羊うるちゃん物語Ⅳ」part 1 落ち穂

  【「小羊うるちゃん物語Ⅲ」の登場人物】
    うるちゃん    : 主人公
    へいわくん    : 夫
    なごみちゃん   : 長女
    サイエンくん   : 長男
    マーサさん      : B教会で知り合い友人になったクリスチャン
    A牧師        : A教会の牧師
    Dチャプレン     : A牧師の友人である米軍基地のチャプレン
    B1牧師       : B教会の主任牧師の長男である牧師
    C牧師(夫人)   : C教会の牧師(夫人)
    MT牧師      : ペンテコステ系では有名だった牧師

「小羊うるちゃん物語」閲覧にあたっての注意事項

--------------------

  「私に親切にしてくださる方のあとについて落ち穂を拾い集めたいのです。」 (ルツ 2:2)

 ある日、Tカウンセリングスクールのロールプレイで、サイエンくんの洗礼がだめになったことを知った同じクラスのSさん(N県にある家の教会、女性の伝道師)が、K教会へ誘ってくださいました。「K教会のY先生は、うるちゃんたちのような家の教会のフォローもしてくださっている方だし、テレビ伝道もされている方だから、なんとかしてくださるはずよ。礼拝メッセージのテープも送ってくださるから。ミラクル聖会が月に一度あるから、一緒に行ってみようよ。同じクラスのKさんも行くから。一度、手紙で相談してみたら?」と。いろいろな所を通ったあまりに牧師不信に陥っているうるちゃんは、そのように言われたところで、出す気になれませんでした。一週間がたち、「手紙、出した?」と聞かれ、「出していない。」と答えました。「Y先生に話ししてあるんだよ。手紙待っているよ。早く出しなさいよ。」という言葉に押されるように手紙を出してみました。K教会までは遠いので、悪い返事が来ても、顔を合わせることもないだろうという思いもどこかにありました。しかし、Sさんに聞いたK教会のホームページを見てみると、「どなたでも、歓迎します。」とあり、「本当かな?」と思う反面、わずかな希望もわいてきたのでした。1999年10月末のことでした。出した手紙の内容は、「事情があって、家の教会をやっているのだが、これから先、どうやっていけばいいのか相談にのってほしい」というものでした。すぐに届いたY先生からの返事は、「いつか、教会に訪ねていらっしゃい。」という内容でした。

 わらにもすがりたいというような時期であったので、祈りの応答かもしれないと思い、誘われるままに行ってみました。1999年12月4日(土)のことでした。C教会のC牧師のところにいた時から、ずっと、うるちゃんたちの群れ(家の礼拝)の面倒を見てくださる覆いとなる牧師・教会を与えてくださいと祈っていました。それに、今までの歩みの中、うるちゃんは、悪いものという確証がない限り、断る必要はないという信念を持っていたのでした。Sさんが、Y先生に話をし、あっけなく、礼拝テープのことも、サイエンくんの洗礼のことも受けてくださることになったのでした。Y先生と話をすると、うるちゃんが郷里への里帰りで実家に行った折に行ったMA教会(以後行く機会がなく一度だけ行ったにすぎないが)や、夫の実家に行った時に行っているW教会と同じ教団でつながりがあることがわかったのでした。特に、W教会のW宣教師はよくご存知のようでした。W教会は、うるちゃんたち夫婦が救われた頃、礼拝を休みたくない一心で祈って与えられたところであり、思い入れの深い教会でした。「A教団の教会で、礼拝の場を与えてください。」と、へいわくんの実家へ向かう車の中、声をあげ祈ったのでした。単立ではないペンテコステ系のA教団の教会ならば、安心して行けるのではないかと思ったからでした。土曜日であったので、明日の礼拝の場を与えてほしい一心でした。

 実家につくと、昔からの流れのキリスト教の信者の母が、一枚のトラクトを差し出したのです。「あなたたちに、渡そうと思って、この間、ポストに入っていたものを取っておいたよ。」 見ると、近くの宣教師宅で行なわれている礼拝の案内状でした。当時、自宅を開いて教会をしてらしたW宣教師の牧するMI教会との出会いでした(その後、教会の場を移され、「W教会」となりました)。W宣教師家族は、しばらくアメリカに戻っておられ、先日、日本に戻って来られたばかりであることも聞き、主の恵みを実感したのでした。へいわくんの実家には一年に一度くらいしか、行っていなかったのですが、帰省するのが更に楽しみになったものでした。

 Y先生との短い談話の時でしたが、どのような人をも拒絶しない暖かさを感じました。

 

--------------------

  【うるちゃんと教会】
  ★ 紹介でつながったA教団のK教会(Ⅳpart 1)
  ★ うるちゃんの実家の地域のA教団のMA教会(Ⅳpart 1)
  ★ へいわくんの実家近くのA教団の宣教師宅のMI教会(Ⅳpart 1)
  ☆ うるちゃんが電話をかけた「昔からの流れのキリスト教会」(part 1-3)
  ☆ はづきさん所属のA教会(part 1-3)
  ☆ 歩いて1、2分のところにあった近所のH教会(part 2-1)
  ☆ へいわくんの実家近くのA教団のW教会(part 5-4)
  ☆ 行き場をなくしたうるちゃんが飛び込んだB教会(part 5-5)
  ☆ 世界一大きいと聞いていた韓国のY教会(part 5-番外編)
  ☆ 早天祈祷のため行ったJ教会(Ⅱpart 1-5)
  ☆ カウンセラーの聖会に行った日本基督教団H教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ 韓国人牧師が開拓していたC教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ Y教会関係のTカウンセリングスクール(Ⅲpart 1-1)



| | Comments (0)

Friday, February 26, 2021

「小羊うるちゃん物語Ⅲ」part 1-4 教会って何?

  【前回までの登場人物】
    うるちゃん    : 主人公
    へいわくん    : 夫
    なごみちゃん   : 長女
    サイエンくん   : 長男
    マーサさん      : B教会で知り合い友人になったクリスチャン
    A牧師        : A教会の牧師
    Dチャプレン     : A牧師の友人である米軍基地のチャプレン
    B1牧師       : B教会の主任牧師の長男である牧師
    C牧師(夫人)   : C教会の牧師(夫人)

「小羊うるちゃん物語」閲覧にあたっての注意事項

--------------------

  サイエンくんの洗礼をC牧師が断ってきた日の夜、うるちゃんは、主に、詩篇 55:18-23を示されたのです。「神は聞き、彼らを悩まされる。昔から王座に着いている者をも。セラ 彼らは改めず、彼らは神を恐れない。彼は、自分の親しい者にまで手を伸ばし、自分の誓約を破った。彼の口は、バタよりもなめらかだが、その心には、戦いがある。彼のことばは、油よりも柔らかいが、それは抜き身の剣である。あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。しかし、神よ。あなたは彼らを、滅びの穴に落とされましょう。血を流す者と欺く者どもは、おのれの日数の半ばも生きながらえないでしょう。けれども、私は、あなたに拠り頼みます。」(詩篇 55:18-23)

 C教会の教えで、信者もうるちゃんとマーサさん2人しかいなかったC教会が教会としてまかり通るなら、うるちゃんの家での礼拝のほうが、立派な教会に思えてくるのでした。そこで「教会って何でしょう?」と主に祈りの中で聞いてみました。「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいる」(マタイ 18:20)「あなたがたが父を礼拝するのは、この山でもなく、エルサレムでもない、そういう時が来ます。」(ヨハネ 4:21)イエス様を信じている者の集いが教会だよと、主に言われたような気がして、うるちゃんは、喜びを失わずに済んだのです。

 C牧師に洗礼を断られた2日後から、C牧師は、単独、栃木の巡回伝道へと行かれました。Ⅰサムエルの25章のナバルとアビガイルが頭に浮かびました。賢明な奥さんが助言するのにも耳をかさず、奥さんの心配をよそに有頂天に自分の我のままにふるまう夫の話である。同時に、巡回伝道から、有頂天になって戻って来るという思いが来たのです(取りようによっては、失礼に聞こえるかもしれないが、主に語られたそのままです)。そして、MT牧師のところに泊まると主が言われました(そのときのC牧師とMT牧師は知り合いでもなく、お互い存在すら知らなかった。うるちゃんもMT牧師をA教会時代に名前を見たことがある程度で全く知らなかった)。次の週の水曜、クリスチャンの知り合いと一緒に開いていた祈祷会後の時間にC牧師から電話があったのです。「お互いに理解がなく、誤解しているようだから、会おう。M師のところで、数日泊めていただきすばらしかった。訪問伝道を広めることで一致した。今度、リバイバル新聞にのせてもらうことになった。」と。「女性と2人きりはよくないことなので、自分だけでは家に行けない」とC牧師が言われたので、「女性と2人きりはよくない」と口にする心理の持ち主とは関わりたくないとも思い、奥様が来られる時に、来てくださるように丁重に断りました。すると、「女性は教えてはならない。家の礼拝は罪だ。マーサさんはかわいそうだ。絶対、あなたにつまずくから、責任をとれるのか。」と言われたので、「うるは、牧師には召されていないですし、きちんとした教会の覆いを祈り与えてもらいますので、ご心配なさらないでください。」と告げて電話を切ったのでした。それ以来、電話も何もなくなりました。教えがこんなにも違いすぎるのに、聖霊派の牧師とどのように一致するのだろうと不思議でした。伝道に出かけられる前には、「イエス様のように十二人の牧師を弟子として、教えながら、訪問伝道を広める働きをしたいというビジョンがある」と言っておられ、C牧師の思いの位置の高さを改めて、知ったのでした。

 教会での働きをやめるのは、うるちゃんにとってもつらかったのですが、牧師に頼らなくても、主の働きはあることを思い、あせらずに地道に主から与えられている働きをすることにしたのです。

 なぜ、全く異なる三つの教会で、しかも自ら選んで言ったわけでもない教会で、同じ結果になったのか、教会は全部こうなのかと、主に尋ねると、Ⅰ列王記19:18から、「エリヤの時代、七千人のバアルにひざをかがめなかった者が残っていたように、七つ(完全数)の教会が残されている。」と語られ、きちんとした教えの教会も残っているのだという希望が出ました。

 祈りの中、B教会は、「うるちゃんたち夫婦の神学校だ」と言われていたのですが、C教会は、「うるちゃんの訓練の場だ」と言われていました。
メッセージを組み立てる訓練、伝道の訓練、インターネットを用いる訓練、メッセージを語る訓練、心をきたえる訓練、カウンセリングの訓練、さまざまな訓練があったように思います。

 B教会にいた時、うるちゃんは、異なった教えによって苦しんでいる教会に、恵みの福音をわかちあえるようにと祈っていました。だから、教えが違っていても真理のみことばを示しつつ頑張ってこられたのでした。しかし、C教会で尽力してみて、一度曲がった福音は、戻らないと実感したのです。だから、パウロは、恵みからそれた福音に対して厳しく糾弾していたのだと実感しました。「私は、キリストの恵みをもってあなたがたを召してくださったその方を、あなたがたがそんなにも急に見捨てて、ほかの福音に移って行くのに驚いています。ほかの福音といっても、もう一つ別に福音があるのではありません。あなたがたをかき乱す者たちがいて、キリストの福音を変えてしまおうとしているだけです。しかし、私たちであろうと、天の御使いであろうと、もし私たちが宣べ伝えた福音に反することをあなたがたに宣べ伝えるなら、その者はのろわれるべきです。私たちが前に言ったように、今もう一度私は言います。もしだれかが、あなたがたの受けた福音に反することを、あなたがたに宣べ伝えているなら、その者はのろわれるべきです。」(ガラテヤ 1:6-9)
「一度光を受けて天からの賜物の味を知り、聖霊にあずかる者となり、神のすばらしいみことばと、後にやがて来る世の力とを味わったうえで、しかも堕落してしまうならば、そういう人々をもう一度悔い改めに立ち返らせることはできません。彼らは、自分で神の子をもう一度十字架にかけて、恥辱を与える人たちだからです。」(ヘブル 6:4-6)

 そして、感じた悪い直感を決して無視してはいけないことと、必要以上に良く見てはいけないこと、また、罪がないと思っていると、自己吟味しなくなり、神は行きつくところまで行って気づくまで放置される、そのような神のわざに手を出してはウザのように(「ウザの割り込み」参照)痛い目に合うのだということを学びました。間違って抱く悪い考えは、主にあれば、主が正してくださる、現にいつもちょうどよい時に正してくださっている、そう気づいたのです。

 うるちゃんが今まで、かかわってきた三人の牧師たちは、みなどこか心を病ませていました。これ以上は、その信徒という立場で関わることは、限界でした。これからは、外に目を向けて、家の教会として、主の働きをしていこうと思いました。
家の教会を開いた時、うるちゃんに「落ち穂を拾え。」と主はⅡ列王記 19:29-31を示して言われました。

 次の日、マーサさんにも、「あなたへのしるしは次のとおりである。ことしは、落ち穂から生えたものを食べ、二年目も、またそれから生えたものを食べ、三年目は、種を蒔いて刈り入れ、ぶどう畑を作ってその実を食べる。ユダの家ののがれて残った者は下に根を張り、上に実を結ぶ。エルサレムから、残りの者が出て来、シオンの山から、のがれた者が出て来るからである。万軍の主の熱心がこれをする。」(イザヤ書 37:30-32)という同じみことばが示されたのでした。

 「まことに、すべての国々の民は、おのおの自分の神の名によって歩む。しかし、私たちは、世々限りなく、私たちの神、主の御名によって歩もう。その日、・・主の御告げ。・・わたしは足のなえた者を集め、追いやられた者、また、わたしが苦しめた者を寄せ集める。わたしは足なえを、残りの者とし、遠くへ移された者を、強い国民とする。主はシオンの山で、今よりとこしえまで、彼らの王となる。」(ミカ書 4:5-7) 主が与えてくださったみことばである。

 「だれも、真新しい布切れで古い着物の継ぎをするようなことはしません。そんなことをすれば、新しい継ぎ切れは古い着物を引き裂き、破れはもっとひどくなります。また、だれも新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、ぶどう酒は皮袋を張り裂き、ぶどう酒も皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるのです。」(マルコ 2:21-22)
「永遠の廃墟に、あなたの足を向けてください。敵は聖所であらゆる害を加えています。あなたに敵対する者どもは、あなたの集会のただ中でほえたけり、おのれらの目じるしを、しるしとして掲げ、森の中で斧を振り上げるかのようです。そうして今や、手斧と槌で、聖所の彫り物をことごとく打ち砕き、あなたの聖所に火を放ち、あなたの御名の住まいを、その地まで汚しました。彼らは心の中で、『彼らを、ことごとく征服しよう。』と言い、国中の神の集会所をみな焼き払いました。」(詩篇 74-3-8)

 この後(B教会を出て、2年後)、B教会の長男のB1牧師と会う機会ができました。しかし、尊敬するB1牧師に会った結果は、うるちゃんを打ちのめすことになったのでした。(若いB1牧師も苦しみを通っていたのでしょう。この後、家族とともに、B教会の本教会を去り、地方の山の支部教会に行き、牧師をやめられました。)

 本当に、自分が、神の宝どころかぼろ雑巾のようにしか感じられない時でした。早く天に行きたい、とばかり思えていました。その中、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ 43:4)というみことばをただ握って、主がクリスチャンから来るあざけりとそしりを取ってくださることを信じるしかありませんでした。

 

--------------------

  【うるちゃんと教会】
  ☆ うるちゃんが電話をかけた「昔からの流れのキリスト教会」(part 1-3)
  ☆ はづきさん所属のA教会(part 1-3)
  ☆ 歩いて1、2分のところにあった近所のH教会(part 2-1)
  ☆ へいわくんの実家近くのA教団のW教会(part 5-4)
  ☆ 行き場をなくしたうるちゃんが飛び込んだB教会(part 5-5)
  ☆ 世界一大きいと聞いていた韓国のY教会(part 5-番外編)
  ☆ 早天祈祷のため行ったJ教会(Ⅱpart 1-5)
  ☆ カウンセラーの聖会に行った日本基督教団H教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ 韓国人牧師が開拓していたC教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ Y教会関係のTカウンセリングスクール(Ⅲpart 1-1)



| | Comments (0)

Monday, January 25, 2021

「小羊うるちゃん物語Ⅲ」part 1-3 周囲をつまずきから守りたかった

  【前回までの登場人物】
    うるちゃん    : 主人公
    へいわくん    : 夫
    マーサさん      : B教会で知り合い友人になったクリスチャン
    A牧師        : A教会の牧師
    Dチャプレン     : A牧師の友人である米軍基地のチャプレン
    B1牧師       : B教会の主任牧師の長男である牧師
    C牧師(夫人)   : C教会の牧師(夫人)

「小羊うるちゃん物語」閲覧にあたっての注意事項

--------------------

  C牧師の発案で、礼拝のためのピクニックの計画が持ち上がりました。御岳山に決まりました。御岳山は、普通のハイキングにはよい山ですが、古くから霊峰と崇められた信仰の山なので、C牧師といっしょに行くのには、どうしても平安が得られませんでした。

 教会では、賛美の時も、祈祷会の祈りの時も、環境のためか、礼拝をさえぎるような壁を常に感じていました。ある日、教会で借りているホールのドアに占い教室のビラが張ってあることに気付きました。問い合わせると6月からやっているということでした。6月といえば、何かC牧師や教会に異変を感じた頃でもありました。因果関係を証明することはできませんが、C牧師のメッセージから伝わってくる印象が変わったように感じた頃でした。

 霊の影響かもしれないと思っていたうるちゃんは、それならば祈れば希望があると思い、祈り、忍耐して過ごす道を選んだのでした。
その頃、長女のなごみちゃんの様子が、教会へ行けば、不安定になり、そのため、イライラしてきだしました。

 いろいろ考えた末、うるちゃんは、C牧師の教えを請う場を避けて、日曜の午後の青年会と、水曜の祈祷会と、金曜の伝道に行くことにしたのです。午前の主日礼拝に出ていないわけですから、C牧師に「準教会員でいいですから」というと、「いいえ。教会員ですよ。」と答えられました。

 そう決めて、すべての主日礼拝を家に移したとたん、なごみちゃんのいらいらがうそのようになくなったのでした。

 マーサさんを加え、落ち穂礼拝となった始めの日の朝、サイエンくんが涙ながらの悔い改めをして、本当の意味でイエス様を心に迎えたのでした。洗礼を受けたいというので、C牧師に申し出たところ、快く引き受けてくださいました。洗礼を授ける最初の男性だとも言われ、その時は共に喜んでくださったかのように見えました。C牧師はサイエンくんに洗礼前の勉強会をも施し、日にちも決まりました。洗礼の日の1週間前の金曜日、C牧師の様子が変でした。突然、洗礼の時間を少し遅らせると言われたのです。その言い方に面倒に思っている印象を受けました。こういう状態でこのC牧師に洗礼を授けてもらう状況を考えるとサイエンくんがかわいそうに思えて、うるちゃんは悲しくなりました。洗礼は、人生最大の喜びの日であり、天でも喜びが起こると聞いていたこの日は、共に喜んでくださる人から、喜びの中で受けさせたかったのです。うるちゃんは、夜、涙ながらにイエス様にそのことも打ち明けたのでした。

 すると、次の日の土曜日にC牧師から電話がはいり、10分で済む話なので、日曜に教会へ来てくれるように言われたのです。3時からと言われたのだが、すぐに、C牧師に用事ができて、12時半から1時の30分間で話をしたいと言われて、時間を作って出かけました。

 C教会に行くと、C牧師は「洗礼は喜んでいます。」と言われたので、祈りが聞かれ、わかってくださったのかと思いました。しかし、次に続いたのは、「洗礼をすることに、平安がなくなって夜も眠れなくなり、やめたい。」という言葉だったのです。午前中の礼拝に来ていないので、今、来ている未信者にしめしがつかないということと、責任が持てないとの理由付けでした。礼拝に出たくても出れなくなったことをも、話をして理解を示していたにもかかわらず、心では理解してもらっていなかったのでした。再三再四、繰り返し確認し言っていたのに、です。その度に、「理解します。」と言っていたのにです。それでもサイエンくんをつまずかせるわけにはいかないうるちゃんは、ピリポと宦官の個所を引いて、責任はないのではないかと言いましたが、無駄でした。そのうちに、C牧師の語調も激しくなり、母教会のA教会のことやら、異言のこと、女はただ静かにして黙っているようにということ、家の教会は罪だと、高慢だと言われ、間に立とうとするC牧師夫人も退けられたのでした。もうだめだと自分自身も限界を感じました。このままC教会にいると、子供を含むまわりの人たちが信仰を失ってしまう、と思いました。何より、10分で洗礼の話を済ませようとしているC牧師の信仰が信じられなくなっていました。その日の午前中の家での礼拝で語られたことや、ご臨在がうるちゃんを励ましていたので、そのような場でも信仰によって自分を保っていられたのでした。

 周囲をつまずきから守りたいという思いから、いろいろ回避しようとしてきたうるちゃんでしたが、かえって苦しい学びの道に行くばかりです。「主の道は狭くて険しい! が、それを見つける者には生涯の宝となる。」 by うる

 

--------------------

  【うるちゃんと教会】
  ☆ うるちゃんが電話をかけた「昔からの流れのキリスト教会」(part 1-3)
  ☆ はづきさん所属のA教会(part 1-3)
  ☆ 歩いて1、2分のところにあった近所のH教会(part 2-1)
  ☆ へいわくんの実家近くのA教団のW教会(part 5-4)
  ☆ 行き場をなくしたうるちゃんが飛び込んだB教会(part 5-5)
  ☆ 世界一大きいと聞いていた韓国のY教会(part 5-番外編)
  ☆ 早天祈祷のため行ったJ教会(Ⅱpart 1-5)
  ☆ カウンセラーの聖会に行った日本基督教団H教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ 韓国人牧師が開拓していたC教会(Ⅱpart 1-6)
  ☆ Y教会関係のTカウンセリングスクール(Ⅲpart 1-1)



| | Comments (0)

«「小羊うるちゃん物語Ⅲ」part 1-2 落ち穂礼拝の始まり