Saturday, October 06, 2007

ひつじのショーン

ひつじのショーン」のDVD試写会の招待状が当たったので、娘と見に行った。
がらがらかと思ったら、若い人が多かった。
間抜け(?)な羊飼いを出し抜いて、群をまとめ、生き生きしている羊の無声のクレイアニメである。
なんか、おもしろくて、気に入っている。
またTV公開されるようなので、楽しみである。
時間を待っている間、会場のお店のイベントで、安めぐみさんが来ていた。

|

Thursday, May 04, 2006

名探偵コナンの映画

Konan子どもと一緒に、今年も、名探偵コナンの映画を見に行った。
日本のテレビを見ていて、どのチャンネルを見ても、殺人を扱っていて、日本人は殺人がすきなのかと恐くなったと、外国からの留学生が言っていたそうである。
殺人に焦点を当てると、嫌なものに見えるかもしれないが、コナンなど、必ず正義が勝つものは、見ていてもおもしろい。

嫌な事件が多い世の中、義が薄れていきがちです。
正しいさばきが行なわれ、愛と義の世の中が来ますように。

|

Tuesday, February 21, 2006

種まき

tanemaki1yatanemaki2yatanemaki3yatanemaki4yatanemaki5yatanemaki6



「人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。」(ガラテヤ 6:7,8)
日頃、周囲にどんな種をまいていますか?

※ 11月17日「トマト好きのかっぱ」12月6日の「ボク、かっぱ」1月6日の「かっぱのあこがれ」と続いているシリーズものです。

|

Friday, January 06, 2006

かっぱのあこがれ

kapkao1yakapkao2yakapkao3yakapkao4yakappa5yakappa6yakappa7






取り替えのきかない私たちひとりひとりを、神は、「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ 43:4)と、ONLY ONEとして見ておられます。

|

Tuesday, December 27, 2005

ブラックジャック

blackjack息子といっしょに、息子の好きなブラックジャックの映画を見た。
娘はバイトがはいっていて行けなかった。
母親と中学生ってあまりいないかなぁと、チケットをとった後で思ったが、もっと大きくなるとますます子離れしていくと思うと寂しさがただよってくるので、行けるときには楽しんでおこうと行ってきた。
幼児絵本のようなピノコのお話から始まり、来たことを後悔しそうになった。
が、本編は、いのちの尊さをも語っているよい話だった。
ブラックジャックは、爆発事故の地獄のような苦しみを通ったからこそ、不屈の精神力と、誰にもできない技術を身に付けることができた。(マンガの作り話だけどね)
苦しみは、抜けると宝になりうるもの。
神とともにあるなら、必ず宝になるのです。

また、生命は神様の御手の中、「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル9:27)とあるけれども、精一杯この世を生きることは大切なことです。

|

Tuesday, December 06, 2005

ボク、かっぱ

kpt1yakpt2yakpt3yakpt4yakpt5yakpt6





そのトマトって、青いのかなぁ…。

よく似ていても別物です。神様は、種類に従って、静物や動物をお造りになりました。
サルと人間もよく似ていても別物なんですよ。

|

Thursday, November 17, 2005

トマト好きのかっぱ

kpme0ya kpme1ya kpme2ya kpme3





種をまいたら、実を結ばせるためには、水をやって適切な栄養をあげようね。
栄養が悪いと、実がならないよ。

|

Friday, November 11, 2005

電車でマンガ

denmangaずいぶん前に、「外人さんが、日本の電車で、大人が堂々とマンガ雑誌を読んでいることに驚く」とだれかが言っていたことに記憶がある。
朝も昼も夕方も、マンガ雑誌を読んでいる男性が、必ずと言っていいほど、乗っている。20代、30代の男性に多い。
女性は目につかない。
なぜなのかと考えさせられる。
このような社会のストレス解消、つかの間の現実逃避なのだろうか。
それにしても、暴力シーンや、裸体の描写を公衆の中で堂々と読まないでほしい…。
目につくと、気分が悪くなるので。
電車でマンガを読んでいる人たちは、家で何をしているのだろう…?

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイ11:28)
マンガは一時的な逃避にしかなりませんが、聖書は生けるいのちを与えてくれます。
「わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」(ヨハネ 4:14)

|

Wednesday, November 09, 2005

うんしょ☆

uru1yauru3yauru2yauru4








「揺り起こしたり、かき立てたりしないでください。愛が目ざめたいと思うときまでは。」(雅歌)
主イエスは、無理やり上から引っ張り上げたり引きずり回したりはなさいません。
へりくだりの主は、下から支え、引き上げてくださるお方です。(テコで無理やりにではありません)

|

Sunday, October 16, 2005

かっぱの好物

kpkyu1ya kpkyu2ya kpkyu3ya kpkyu4

似て非なるものにだまされないよう、本物を見分ける力を養うことが大切です。
神さまについてもね。

|

より以前の記事一覧