« 偶然 | Main | 1泊礼拝 »

Saturday, September 30, 2006

信仰と希望と愛

Eien娘が赤ちゃんの時からの公園友だちでクリスチャンでもあるYさんと、ランチに出かけた。
長年離れていた時期があったけれども、本音で話してくれる貴重な信仰の友である。
積もる話もあり、長い時が経ても変わらない信仰と友情を見ることができた。
「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。」(Ⅰコリント 13:13)
キリストの信仰、キリストの愛、キリストへの希望は、どんなことがあっても消えないことを実感した。

|

« 偶然 | Main | 1泊礼拝 »