« 着信音 | Main | 蔵王にスキー »

Thursday, March 30, 2006

演劇フェスティバル

Engeki_1都の演劇部の春の演劇フェスティバルに、娘が出るので、渕野辺まで見に行きました。
演目は、「Live in your memory」という「生きるって何だろう」というテーマのオリジナル台本。
ずっと遅くまで練習していたもので、少ない人数なので出番も多く、おもしろかったです。

「生きるってだれかの心に残ること」それも一理ありますが、もっと意味あることなんだけどな。
「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。」(創世記 1:26)
神さまは、ご自身に似たものとして霊の交わりを楽しむために、人類を造られました。
人類にはいった罪が、それを壊してしまいましたが。
しかし、救われ、罪赦され、神との交わりを回復させる道をも備えてくださいました。
私たちは、神さまのもとで永遠に喜び楽しむために生きているのです。

※ そんな役、なかったけど?(イラスト)

|

« 着信音 | Main | 蔵王にスキー »