« ブログに向かってごめんなさい③ | Main | 花を愛でるゆとり »

Wednesday, June 15, 2005

マンガ男

manga最近、毎朝、駅で見かける30代頃の男性。
エスカレーターを降りてくる時から、すでに週刊少年マンガ雑誌に夢中。
読みながら降りてきて、読みながら電車を待って、読みながら乗り込み、読みながら席を取って、読みながら座る。
それも毎日、違う雑誌である。
30代くらいの男女に多いような気がする。
いい大人が、公衆の面前で週刊少年マンガ雑誌を読んでいるのは、あまり気持ちいいものではない。
だって、暴力あり、Hありで、目にはいってくるのもいやだし、その記事を読んでいる顔つきもいやなんだもん。
私も、マンガ世代で育っているので、マンガが面白いのもわかるが、家で読めば~と思ってしまう。
成長した大人の心を持つ大人が少なくなっているような気がする。
私もマンガに熱中していたことがあるし、人のこと、言えないか~。

マンガは作り話、ほどほどにね。
「すべてのことが私には許されたことです。しかし、すべてが益になるわけではありません。私にはすべてのことが許されています。しかし、私はどんなことにも支配されはしません。」(Ⅰコリント 6:12)
ストレス発散も大切だけど、マンガでは、ストレスは解消されませんよ(経験により)。

|

« ブログに向かってごめんなさい③ | Main | 花を愛でるゆとり »