« 夫の腰が・・・ | Main | 恵みのとき-病気になったら- »

Sunday, May 01, 2005

blogに向かってごめんなさい②

ousamaずっと前の話。
「夜、Hicha(私)に蹴られて、ふとん取られて寒い・・・」と夫がぼやいていた。
「(また、人のせいにして・・・)被害妄想じゃない?」と笑って答えたら、「そうかな???」と頭をかしげていた。
その夜、夫がずいずい私側に押し寄ってくるので(ふとんを取ろうとしたらしい)、「眠りかけていたのに、うっとおしい!」とばかりに、ぽんぽんと足で押し戻した。
「ほら~、蹴った!」と言われ、気付いた私。
そういえば、軽~く蹴っていたっけ。(ー_ー;) ←夫
ごめんなさ~い。

「妻たちよ、柔和で穏やかな霊という朽ちることのないものを持つ、心の中の隠れた人がらを飾りにしなさい。これこそ、神の御前に価値あるものです。」(聖書)
ふぁ~い。努力しますです。

|

« 夫の腰が・・・ | Main | 恵みのとき-病気になったら- »