Saturday, December 08, 2018

ミントが・・・(T_T)

Mint先週の12月1日に我が家の愛猫ジョセフィ・ミントが亡くなりました。
しばらくは、悲しくて、気づくと涙が出ているような状態でした。

15歳という高齢のため、8月に健康診断に行ったところ、1つの腎臓が萎縮していて機能していないと言われました。
腎臓病のカリカリを勧められたのですが、もともと食が細くモンプチしか食べない猫で、全く食べないため、日に日に弱っていきました。(全く受け付けないので、食べられるものを与えました)

11月半ばに膀胱炎になったため、5日間入院することになり、治療して帰ってきてからは、全く食べなくなってしまいました。
亡くなる前の夜、少し離れた所で、見守りつつ寝たのですが、動けない体なのに、数ミリずつ動いているのか、気づくと私に寄ってきて・・・、全身で「好き」「愛している」と言っているかのようでした。

表情がわからず、何を考えているのか、わからない猫だけれども、飼い主のことは特別に思っていたのだなと、改めて実感しました。

猫って、気ままで思うように動いてくれないですが、健気な生き物だと知りました。

この1週間、家にいると、悲しく寂しくなるので、仕事帰りに、ペットショップで猫を眺めてから、帰る日が続いています。

15年間、主の愛を思い起こさせてくれ、家族に慰めと励ましを与えて、使命を終えたミント。
天で会えたらいいなぁ・・・、再創造された(?)ミントに。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, February 15, 2014

Image何これ~! 教会帰りの電車が人身事故でストップ。
遠回りだけど、私鉄で帰ることに。
私鉄を降り、駅でバスを待ったが、来ないので、一緒に待っていた婦人と、20分ぐらいかかる家まで歩くことに。
吹きつける雪。ここは東京か?というような吹雪の中、歩いてやっと帰ってきました。
手も口も凍ってる~。 何の試練・・・?
お風呂、入って解凍しないと。
家では、学校(大学院)を休んだ息子が、のんびりくつろいでいた・・・。

その息子が、真夜中の2時に庭を撮影。白夜? 雪明かりです。
太平洋側とは思えない積雪だ~(^0_0^)


| | Comments (0)

Monday, May 13, 2013

「犯罪被害者遺族 トラウマとサポート」(小西聖子著 東京書籍発行)

Hanzaiカウンセリング関係の知り合いに貸してもらって、読んだ。
この世の中、トラウマを抱える人と接する機会が、多くなっていくと思われる。
人の心を知る人が、社会の中に増えていってほしいものである。

「加害者に対して腹を立てるっていうことは、とても健康な感情です。…怒るべき相手に対して怒りをもつためには、ある程度は元気が必要なんですね。あまりにもショックを受けてしまうと、そこまでなかなか行けません。その間に、もっと身近な人に対して怒ってしまったり、いま言ったように、怒りの感情そのものが出なかったりします。」(P23)

「ただ、実際はあまりにショックなことがあると、それぞれの家族のメンバーが、それぞれ傷ついて、結果として家がバラバラになることのほうが多いです。少なくとも一時的には、そうです。バラバラになると、さらに苦痛を増し、孤独感も増します。少し支え合えればみんながOKなら、やっぱりサポートして、家族がバラバラになるのは避けたいところです。」(P29)

| | Comments (0)

Friday, May 10, 2013

「自分の『怒り』と向き合う本」(水澤都加佐、スコット・ジョンソン、黒岩久美子著 実務教育出版発行)

Ikari怒りの表現が下手で、怒りをため込みやすい日本人。怒りを上手に伝えることが大切です。カウンセリングの技法を交えて、怒りのマネジメントについて、わかりやすく書かれていました。

なるほどなぁと思った部分の抜粋です。

・「カウンセリングに使われる用語に、『私のニーズ』というものがあります。これは、自分のケアにとって大切なことで、絶えず自分のためにしてあげる必要があることです。たとえば、『私のニーズ』とは、次のようなことです。
遊ぶこと、笑うこと、リラックスすること、柔軟性を持つこと、質問すること、正直に話すこと、自分で意思決定すること、自分のニーズに注目すること、自分を守ること、自分の感情を知り受け入れること、びくびくしないで生きること
、自分がかけがえのない存在だと信じること、必要なときには助けを求めること、自分のために時間を取ること、限界を設けること、運動すること……。これらのケアをしていないと、人間はストレスに圧倒され、イラついてきます。そして何かがきっかけとなって怒りを感じるのです。」(P25,26)

・「『セルフケア』という言葉は、もともと飛行機に関連して使われるようになった言葉だと言われています。あなたが、小さなお子さんやお年寄り、あるいは障害をお持ちの方と一緒に飛行機に乗ったとしましょう。もし、飛行中に酸素マスクをはめなければならない状況になったら、どう行動しますか?こう質問すると、多くの人は、「自分よりまず子どもやお年寄りから」と答えます。しかし、この行動は間違いです。自分で酸素マスクをはめられる人はまず自分がはめ、それから自分でマスクをはめられない人を手伝うというのが、正しい選択です。飛行機にトラブルが発生すると、瞬く間に機内が酸欠状態になってしまうことがあります。ですから、自分で酸素マスクをはめられる人は、まず自分ではめないと正常な判断ができなくなり、人を助けることもできなくなってしまうのです。このように、『酸素マスクは自分から』という意味で、『セルフケア』という言葉が使われるようになったのです。」(P27)

・喪失による怒りには、周囲の理解が必要不可欠といえるでしょう。(P31)

| | Comments (0)

昭和記念公園

Mini_130510_1119カウンセリング仲間と昭和記念公園へピクニックに行った。
とても良い天気に恵まれたが、日焼けが気になった。
池のそばにシートを広げ、フランスから招いたカウンセラーの話を聞いた。
鴨がたくさんいて、すぐそばに群れていた。
輪の真ん中にも来て、人にも慣れていた。

Mini_130510_1127


| | Comments (0)

Tuesday, April 30, 2013

「共依存かもしれない―他人やモノで自分を満たそうとする人たち」(ケイ・マリー ポーターフィールド著 大月書店発行)

Kyoizon共依存について知りたい人には、わかりやすく書かれた本である。
基本的な知識が書かれていて、手軽な一冊である。
カウンセリング知識を深めたいと思って読むのには、適していないが、共依存がどんなものなのか、知りたいと思って読むならば、わかりやすくてよい本だろう。


| | Comments (0)

Saturday, April 27, 2013

息子もカラオケ

Mini_130427_1701夫の趣味はカラオケ。何年か前にはまり出し、今も続いている。
ストレス解消になるとか…。放っておいたら、休日はフリータイムで、一人カラオケに行く。
今日は、そのような夫に付き合い、カラオケに行くことにした。
息子を誘うと、珍しくついてきた。

高校時代に友人の影響を受け始めたルービックキューブを持参して、空き時間に時々がちゃがちゃやっていた。
6面を1分ぐらいで完成させる。
オイルを塗って手入れしていたこともあったなぁ。年季が入っているでしょ、このキューブ。

| | Comments (0)

«雇用保険受給説明会